ランニングとダイエット

かたちからはいる

まず、走る前に、走るための事前準備についてお話ししましょう。

Tシャツにジャージで走るのも一興かもしれませんが、ランニング用のウェアを使ってみるのもいいかもしれません。
専用ウェアや体操着は、汗をよく吸い、また、洗ってすぐに乾くので、頻繁に走る場合は重宝するのではないでしょうか。

靴については、普段履きのスニーカーでもいいですが、高級なランニングシューズでもいいでしょう。
何にしても、毎日のように頻繁に走るならば、シューズはすぐに擦り減っていくことでしょう。
重要なのは、足に合った物を使うことです。

また、長く走る場合は、汗を拭くタオルや水分補給用のスポーツドリンクも必要です。
炎天下で走る際には、帽子やサングラス、日焼け止めを事前に塗っておくなどの対策も必須でしょう。

からだをほぐしのばす

ランニングにしても、その他の運動にしても、いざ身体を動かす直前に、必ずすべきことは何でしょうか?
そう、準備体操やストレッチです。

もし、身体をほぐさず、急に激しい運動をしたとしたら、どうなるでしょうか?
身体が固まったまま、筋肉が硬直したまま、動くことになります。
身体にしなやかさがなければ、手足は思うように動かず、転倒しやすくなります。
また、地面を蹴って身体が受ける衝撃を吸収できず、疲れやすくなります。

準備体操としてはラジオ体操が有名ですが、走るためには、足腰を緩めるストレッチを別に行なう必要があります。
アキレス腱のばし、足首まわし、屈伸などを加えましょう。
走るのに使う筋肉や部位を意識してストレッチします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る